ITパスポートの勉強で「これでいいのかな」と感じたときの解決ヒント!

ITパスポートの勉強で「これでいいのかな」と感じたときの解決ヒント! 勉強方法

誰でも、「これでいいのかな?」と思うときがありますよね。

そこで、ITパスポート試験の勉強で、「これでいいのかな」と感じたときの確認や解決の方法をまとめました。

スポンサーリンク

「時間が足りない。」と感じたとき

シラバスの内容、出題傾向に基づいた、分野別の具体的に勉強する分野や方法です。

自分の勉強法や進み具合と比べて、見直ししましょう。

「勉強しているところがこれでいいのかな。」と感じたとき

令和4年からシラバス6になって、出題範囲が変わりました。

古い過去問題だけで学習すると、出題傾向の変化に対応できません。

シラバス6対策について、どこを、どの程度やるのか確認しましょう。

「解説のどこを覚えたらいいんだろう。」と感じたとき

丁寧な用語解説は、長すぎて、どこを覚えたらいいのかわからないことが多くあります。

図があるとわかりやすいですが、すべての用語に図があるわけでありません。

そこで、用語解説を読むときの、目の付けどころを紹介するので、読んでみてください。

「過去問題演習しても、成績が上がらない。」と感じたとき

ある年度の過去問題を演習して理解したつもりになっても、他の年度の問題を正答できないことがよくあります。

問題演習で、「問題を解くコツ(試験問題への対応力)」つかむ方法を説明します。

「問題文を読むのがつらい(意味がわからない)。」と感じたとき

問題文の多くは,長くて読みにくい(理解しにくい)です。

ITパスポートの問題には、構成のパターンがあります。

このパターンを頭に入れると、問題文の構成がだいたいわかって、問題文が読みやすく(理解しやすく)なります。

「勉強したのに覚えていない。」と感じたとき

勉強しても頭に入らず、問題に正答できないことがよくあります。

勉強をしたことを、長く覚えている方法です。

試験が近づいて、「何をしたらいいかわからない」と感じたとき

試験直前、誰でも不安になります。

自分自身の資格取得の経験や高校生の資格取得サポートの経験からの、試験直前や当日のやるべきこと、すごし方の注意点です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました