シラバス6対策/ストラテジ系学習ポイント

ITパスポート/ストラテジ系/シラバス6対策学習ポイントシラバス6

令和4年4月1日から,ITパスポート試験がシラバス6に基づいて出題されます。

3月受験を考えている方へも影響が考えられます。1度ご確認ください。

これに伴い,出題範囲が変わります。

ここでは,ストラテジ系について,中分類別のシラバス6新しい用語数と学習対策を紹介します。

ストラテジ系のシラバス6新しい用語

中分類新しい用語数
企業活動            29
法務4
経営戦略マネジメント0
技術戦略マネジメント0
ビジネスインダストリ8
システム戦略0
システム企画0
             合計41

ストラテジ系のシラバス6新しい用語についての対策

ストラテジ系では, 企業活動(業務分析・データ利活用),ビジネスインダストリ(ビジネスシステム),法務で,新しい用語が増えました。

優先度の高い順に説明します。

第1  企業活動

新しい用語が29語あります。

そのうち,23語が”業務分析・データ利活用”の用語です。

調べたところ,ITパスポート試験の過去問題でも参考になる問題はありませんでした。

そのため,一つ一つの用語の意味を確認することが必要です。

よく出る分野(平均出題数5問程度)なので早めに学習しておくといいでしょう。

01経営・組織論

  • 在宅勤務
  • モバイルワーク
  • サテライトオフィス勤務
  • 経営上の留意点(労務管理の困難さなど)
  • 官民データ活用推進基本法
  • デジタル社会形成基本法

02業務分析・データ利活用

  • アンケート
  • インタビュー(構造化)
  • インタビュー(半構造化)
  • インタビュー(非構造化)
  • フィールドワーク
  • 系統図
  • 最小二乗法
  • マトリックス図
  • モザイク図
  • ロジックツリー
  • コンセプトマップ
  • シェープファイル
  • 共起キーワード
  • テキストデータの可視化
  • GIS データ
  • クロスセクションデータ
  • 仮説検定
  • 有意水準
  • 第1種の誤り
  • 第2種の誤り
  • モデル化(確定モデル)
  • モデル化(確率モデル)
  • ブレーンライティング

第2 ビジネスインダストリ

新しい用語は8語です。

”住民基本台帳ネットワークシステム”,”マイナンバーカード”などの用語です。

日々の生活の中で,よく耳にする用語なので,比較的学習しやすいでしょう。

14ビジネスシステム

  • “ITS(Intelligent Transport Systems:高度道路交通システム)”
  • セルフレジ
  • 住民基本台帳ネットワークシステム
  • マイナンバーカード
  • 緊急速報
  • J アラート(全国瞬時警報システム)
  • AI 利活用ガイドライン

17IoT システム・組込みシステム

  • スマート農業

第3 法務

新しい用語は,4語です。

”限定提供データ”など,これまでシラバスにあった用語と関連の深い用語です。

用語を単独で暗記する学習よりも,他の関連する用語との関連(違い)に重点を置いた学習が必要です。

04知的財産権

  • 限定提供データ

05セキュリティ関連法規

  • 個人識別符号

08標準化関連

  • ISO 26000(社会的責任に関する手引)
  • JIS Q 38500(IT ガバナンス)

ストラテジ系全体の学習時間配分

試験問題は,シラバスの”新しい部分”からどれくらい出題される?

シラバスには,”前のシラバスと同じ内容の部分”と”新しい部分”があります。

では,シラバスが変わったとき,試験問題は”新しい部分”からどれくらい出題されるでしょうか?

シラバス4に変わった時と,シラバス5に変わった直後の過去(公開)問題を調べました。

シラバス4に変わった時

シラバス4は,平成31年4月からの試験が対象です。

そこで,平成31年春公開問題の結果を示します。

35問中6問が新しい部分の問題でした。

シラバス3から4に変わった時の
最初の過去(公開)問題(平成31年春)の構成
シラバス3と同じ
用語の問題(29問)
*
*:シラバス4の新しい用語の問題(6問)

シラバス5に変わった時

シラバス5は,令和3年4月からの試験が対象です。

そこで,令和3年公開問題のテクノロジ系の結果を示します。

35問中4問が新しい部分の問題でした。

シラバス4から5に変わった時の
最初の過去(公開)問題(令和3年)の構成
シラバス4と同じ
用語の問題(29問)
**
*
*:シラバス5の新しい用語の問題(4問)
**:シラバスにない用語の問題(2問)

シラバス6についての予想

シラバス4および5の時の結果から,試験問題は,シラバスの”新しい部分”から4問~6問程度出題されると予想されます。

学習時間の配分

シラバスには,”前のシラバスと同じ内容の部分”と”新しい部分”があります。

短期間で合格するには,この2つ部分について,学習時間のバランスをとることが重要です。

令和4年4月の試験では,シラバス6の”新しい部分”から4問~6問程度出題されると予想されます。

そのため,学習時間の配分は,次のようにすることをおすすめします。

学習時間配分の目安

シラバス5と同じ部分の学習時間:8割

シラバス6になって追加された新しい部分の学習時間:2割

なお,ストラテジ系全体の学習ポイントについて,別記事にまとめました。

本記事と合わせてご利用ください。

以上,テクノロジ系について,中分類別のシラバス6新しい用語数と学習対策を紹介しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました