ITパスポート/シラバス5.0過去問題は多く解けばいいわけでない!

ITパスポート/シラバス5.0対応過去問題活用方法傾向と対策

あなたは,まだ,解いた過去問題の量と正解の割合にこだわっていませんか?

これまでのITパスポートの学習では、過去問題を一生懸命解くことが一般的でした。

多くの人が,”できるだけ多くの過去問題を解くこと”,”正答率を上げること”を目標に勉強していました。

あなたは,同じやり方をしていませんか?

過去問題を繰り返し取り組んで正答率を上げる

ITパスポート試験は,すでに変わっています。

このグラフを見てください。

令和3年春公開問題で、過去問題と似た問題がどれだけあったか調べたグラフです。

直近6回分の過去問題に似ていた問題が35問しかありません。

ITパスポート令和3年公開問題に類似した過去問題
デジ猫
デジ猫

たった,これだけ?

簿記や電気工事士,危険物の試験なら,もっと過去問題と同じなのに!

令和3年春だけではありません。

表のように、他の年度の場合も,過去問題と同じような問題(過去6回分)は,35問程度だけです。

公開問題過去6回分の問題に
類似した問題の数
令和3年春35問
令和2年秋34問
令和元年秋34問

市販の問題集では,過去4回分の問題が掲載されていました。

市販の問題集を一冊勉強しても,試験で同じ問題が出ることは少ないでしょう。

仮に,付録の過去問題をダウンロードしても,多少出る可能性のある過去問題が増えるだけです。

デジ猫
デジ猫

試験で過去問題と同じものが出ること,あまり期待できないじゃん!

そうです。一般の資格試験のように,過去問題を覚えても効率が悪いです。

過去問題は,合格に必要な知識を身につけるための道具

釘を打つにはカナヅチ,ねじにはドライバー,木を切るにはノコギリと,特徴に応じて道具を使い分けます。

ITパスポート試験も同じです。

問題の特徴を知って演習すると,問題を解くこつがわかり,,同じ問題が出なくとも,試験で問題が解けるようになります。

ITパスポートの問題の特徴を,知っておきましょう。

デジ猫
デジ猫

なんか,めんどうくさそうだなぁ

大丈夫です。

過去問題の特徴については,次の記事で紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました