過去問題(公開)は,何回分解くといい?

ITパスポート効率の良い過去問題演習量はじめに知りたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク

過去問題を解く量と正答率にこだわっていませんか?

これまでのITパスポートの学習では、過去問題を一生懸命解くことが一般的でした。

これまで多くの人が,下の図のような学習をしていました。

目標

①できるだけ多くの過去問題を解く

②過去問の正答率を上げる

過去問題を繰り返し取り組んで正答率を上げる

あなたも,同じやり方をしていませんか?

でも,もっと効率のよい方法があります。

過去問題を闇雲にたくさん解いても効率が悪い!

公開問題(過去問題)を分析すると,出題傾向をつかむことができます。

最新の公開問題に,どれだけ過去の公開問題(過去問題)があるか調べました。

令和3年公開問題を調べたところ,過去10回の公開問題(過去問題)と同じような問題は44問だけでした。

過去問題と同じような問題は,半分もありません。

令和3年公開問題の構成(過去問題に似た問題数)
過去10回の公開問題に
似た問題
44問
その他
56問

言い換えると,次のことが言えます。

仮に,過去問題1000問(公開問題10回分)解いて試験対策しても,試験に出るのは44問す。5%にもなりません。

過去問題を解くと,用語を覚えたり,問題を解くコツをつかむことができます。

でも,1000問(公開問題10回分)解いて,44問では効率が悪すぎます。

過去問題を解く目安は,過去6回分程度

では,過去問題を解くのは,どれくらいがいいのでしょうか?

先に話した公開問題(過去問題)に似た問題44問について,その内訳は次のようでした。

公開問題10回分の問題に似た44問の内訳
 令和2年秋公開問題に似た問題 10問
 令和元年秋公開問題に似た問題  7問
 平成31年春公開問題に似た問題 6問
 平成30年秋公開問題に似た問題 3問
 平成30年春公開問題に似た問題 5問
 平成29年秋公開問題に似た問題 4問
        ここまでの小計 35問
         以降    減少傾向

公開問題(過去問題)に似た問題44問のうちの,35問(8割)が過去6回の公開問題(過去問題)に似た問題でした。

過去10回分から6回分に公開問題(過去問題)減らしても,似た問題の数はあまり減りません。

令和2年秋,令和元年秋について調べても,同じ傾向でした。

過去6回の公開問題(過去問題)と似た問題が,どちらも34問しかありませんでした。

これらの結果から,過去6回分の公開問題(過去問題)を解くのが,最も効率がいいことがわかりました。

過去問題を解く目安

過去問題を解く目安は,過去6回分程度

過去問題演習は,量より質です。

問題の特徴を知って演習すると,問題を解くこつがわかり,解ける問題が広がります。

次の記事では,効率の良い過去問題演習の方法,問題の解き方を説明しました。

以上,公開問題(過去問題)を何回分解くのが効率がいいか説明しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました