最新テクノロジ系「コンピュータ構成要素」の用語集

ITパスポートシラバス6対応最新テクノロジ系コンピュータ構成要素の用語集分野別
スポンサーリンク

ITパスポート試験 シラバス6対応 テクノロジ系 コンピュータ構成要素 についての出題傾向、学習ポイント、重要な用語を紹介します。

スポンサーリンク

「コンピュータ構成要素」の出題傾向

出題数

4問程度(テクノロジ系45問中)出題されます。

*令和元年秋~令和4年公開問題の平均
出題傾向

令和元年以降、あまり変わっていません。

Ver.○.○の表示について
 用語が初めて掲載されたときの、シラバスのバージョンです。
 表示がないのは、Ver.3以前です。

プロセッサ

CPUの性能に注意!令和4年度公開問題にあったよ。

CPU

CPUは、パソコンののような役割をします。

主記憶装置から順番にプログラムを取り出し、その命令を解読し、各装置の働きを制御します。

また、記憶装置に入っているデータの四則演算や論理演算あるいは判断処理などを行います。

テクノロジ系コンピュータ構成要素40.プロセッサ

CPUの性能

CPUの性能については、さまざまな要素で変わります。

・32ビットCPUと64ビットCPU
 ビット数の多い方が一度に処理するデータ長を大きくできる。

・CPU内のキャッシュメモリの容量
 容量が大きいほどCPUの処理速度が向上する。

・クロック周波数
 同じ構造の場合、周波数が高いほど処理速度が向上する。

・CPUコアの数
 デュアルコアCPU(コア数2個)とクアツドコアCPU(コア数4個)では、コア数が多い方が同時に実行する処理の数を多くできる。

テクノロジ系コンピュータ構成要素40.プロセッサ

レジスタ

シラ外
レジスタは、CPU内部にある高速小容量の記憶回路であり、演算や制御に関わるデータを一時的に記憶するのに用いられるものです。

レジスタの説明(テクノロジ系コンピュータ構成要素40.プロセッサ)

Try! 令和3年問64

テクノロジ系コンピュータ構成要素40.プロセッサ

メモリ

メモリや 記録媒体の種類と特徴を覚えよう。

メモリの種類と特徴です。

DDR4メモリの説明(テクノロジ系コンピュータ構成要素41.メモリ)

DDR3 SDRAM

Ver.6.0
DDR3 SDRAMは、パソコンやサーバのメインメモリに利用される半導体メモリです。

クロック信号の立ち上がりと立ち下がりの両方に同期して、データを読み出します。

第3世代の規格です。

テクノロジ系コンピュータ構成要素41.メモリ

DDR4 SDRAM

Ver.6.0
DDR4 SDRAMは、パソコンやサーバのメインメモリに利用される半導体メモリです。

クロック信号の立ち上がりと立ち下がりの両方に同期して、データを読み出します。

第4世代の規格の規格です。

DDR3 SDRAMよりデータ転送能力が2倍あります。

テクノロジ系コンピュータ構成要素41.メモリ

DIMM

Ver.6.0
DIMMは、DDR SDRAMなどを搭載した、コンピュータの主記憶装置として利用される部品です。

ディスクトップPCなどに使われます。

テクノロジ系コンピュータ構成要素41.メモリ

SO-DIMM

Ver.6.0
SO-DIMMは、DIMMよりも基板のサイズが小さく、ノートPCなどに使われます。

テクノロジ系コンピュータ構成要素41.メモリ

記録媒体の種類と特徴です。

HDD

HDD(Hard Disk Drive)

HDDは、磁性体を塗布したディスク(円盤)を高速で回転させ、アームの先端部にある磁気ヘッドによって読み書きする装置で、大容量の補助記憶装置として利用されます。

テクノロジ系コンピュータ構成要素41.メモリ

SSD

SSD(Solid State Drive)

SSDは、記録媒体が半導体でできており物理的な駆動機構をもたないので、 HDDと比較して低消費電力で耐衝撃性も高いです。
(ITパスポート 令和4年春 問84より)

HDDと同じく補助記憶装置の1つです。

テクノロジ系コンピュータ構成要素41.メモリ

DVD

DVDは、レーザー光を使ってデータの読み出しや書き込みを行う光ディスクの一つです。

12cmディスクの記憶容量は、片面1層で4.7GBです。

テクノロジ系コンピュータ構成要素41.メモリ

キャッシュメモリ

キャッシュメモリは、CPUコアと主記憶の間にあって、データを高速に読み書きするためのメモリです。
(ITパスポート 平成22年春 問66より)

主記憶とのアクセス時間を見かけ上短縮することによって, CPUの処理効率を高めることができます。(ITパスポート 平成21年春 問69より)

CPUがデータを読み出すとき、まず1次キャッシュメモリにアクセスし、データが無い場合は2次キャッシュメモリにアクセスします。
(ITパスポート 平成30年秋 問65より)

テクノロジ系コンピュータ構成要素41.メモリ

入出力デバイス

センサ,アクチュエータ,Iotデバイス,Iotサーバ,Iotゲートウェイのつながりに注目!

HDMI

HDMIは、映像、音声及び制御信号を1本のケーブルで入出力するAV機器向けのインタフェースです。

テクノロジ系コンピュータ構成要素42.入出力デバイス

DisplayPort

Ver.5.0
DisplayPortは、コンピュータとディスプレイを接続する規格映像と音声をパケット化して、シリアル伝送できます。
(応用情報 令和元年秋午前 問11より)

次の記事の問6、DisplayPortの問題があります。

新しい用語の問題8
テクノロジ系コンピュータ構成要素42.入出力デバイス

IoTデバイス

Ver.4.0
IoTとは、「Internet of Things」の略称

IoTデバイスは、IPアドレスを持ちインターネットに接続が可能な機器およびセンサーネットワークの末端として使われる端末等を指します。

テクノロジ系コンピュータ構成要素42.入出力デバイス

センサについての用語です。

IoTシステムでの活用例を覚えましょう。

センサ

Ver.4.0
センサで、モノの状態(温度、受けている圧力、におい、湿度、水分量など)を知ることができます。

次のような例が出題されました。

①飲み薬の容器にセンサを埋め込むことによって、薬局がインターネット経由で服用履歴を管理し、服薬指導に役立てることができる。
(ITパスポート 令和元年秋 問3より)

②ベッドに人感センサを設置し、一定期間センサに反応がない場合に通知を行う。
(ITパスポート 令和2年秋 問14より)

テクノロジ系コンピュータ構成要素42.入出力デバイス

光学センサ

Ver.5.0
光学センサは、光の強弱を検知して電気信号に変換するセンサです。

カメラの露出計、外灯、自動販売機など、身近なところで多数利用されています。

テクノロジ系コンピュータ構成要素42.入出力デバイス

赤外線センサ

Ver.5.0
赤外線センサは、赤外線を電気信号に変換して、必要な情報を取り出します。

TV等のリモコン、自動ドアなどで利用されています。

テクノロジ系コンピュータ構成要素42.入出力デバイス

磁気センサ

Ver.5.0
磁気センサは、磁場(磁界)の大きさ・方向を測定するセンサです。

ハードディスク装置等の磁気ヘッド、冷蔵庫などのモノの開閉に検出に利用されています。

テクノロジ系コンピュータ構成要素42.入出力デバイス

加速度センサ

Ver.5.0
加速度センサは、加速度を検知するセンサです。

モノの振動や傾きを測定することができる。

加速度とは、単位時間あたりの速度の変化です。

携帯電話の方向の検出や歩数の検出、自動車のエアバックなどに利用されています。

テクノロジ系コンピュータ構成要素42.入出力デバイス

ジャイロセンサ

Ver.5.0
ジャイロセンサは、ドローン、マルチコプタなどの無人航空機に搭載され、機体を常に水平に保つ姿勢制御のために使われます。
(応用情報 平成29年秋午前 問71より)

次の記事の問7ジャイロセンサの問題があります。

新しい用語の問題8

次の記事の問9ジャイロセンサの問題があります。

新しい用語の問題11
テクノロジ系コンピュータ構成要素42.入出力デバイス

超音波センサ

Ver.5.0
超音波センサは、超音波を出し、物体に当たって跳ね返ってくるまでの時間を計測して対象までの距離を測るセンサです。

ロボットなどに利用されています。

テクノロジ系コンピュータ構成要素42.入出力デバイス

温度センサ

Ver.5.0
温度センサは、温度を計測します

エアコン、炊飯器、デジタル温度計、自動車のエンジンなどに利用されています。

次の記事の問8温度センサの問題があります。

新しい用語の問題8
テクノロジ系コンピュータ構成要素42.入出力デバイス

湿度センサ

Ver.5.0
湿度センサは、水蒸気を検知および測定するセンサです。

冷蔵庫(庫外/野菜室湿度管理)、エアコン(室内湿度管理)、植物工場用空調設備などで利用されています。

テクノロジ系コンピュータ構成要素42.入出力デバイス

圧力センサ

Ver.5.0
圧力センサは、圧力を検出するセンサです。

電子血圧計、気圧計(気象予 報計)、電子体重計などで利用されています。

テクノロジ系コンピュータ構成要素42.入出力デバイス

煙センサ

Ver.6.0
煙センサは、煙を感知して電気信号を出力します。

テクノロジ系コンピュータ構成要素42.入出力デバイス

アクチュエータ

Ver.4.0
アクチュエータは、コンピュータが出力した電気信号を力学的な運動に変えます。

次のような例が出題されました。

IoTサーバからの指示でIoTデバイスに搭載されたモータが窓を開閉する。
(ITパスポート 令和2年秋 問99より)

Try! 令和3年問72

テクノロジ系コンピュータ構成要素42.入出力デバイス

DCモータ

Ver.6.0
DC モータは、直流電気を利用して回転運動を作り出します。

テクノロジ系コンピュータ構成要素42.入出力デバイス

油圧シリンダ

Ver.6.0
油圧シリンダは、作動油の持つ流体動力(圧力×流量)を利用して,直線運動を作り出します。

小型であっても大きな動力を得ることができます。

建設機械に使われる油圧シリンダ(テクノロジ系コンピュータ構成要素42.入出力デバイス)
テクノロジ系コンピュータ構成要素42.入出力デバイス

空気圧シリンダ

Ver.6.0
空気圧シリンダは、圧縮空気により直線運動を行う機械部品です。

テクノロジ系コンピュータ構成要素42.入出力デバイス

参考資料

最近、ITパスポート試験では,、IoTシステムでの活用例がよく問題に出ます。

センサについても、IoTシステムでの活用例を覚えましょう。

下の資料8ページ目が参考になります。

まとめ

これまで、テクノロジ系「コンピュータ構成要素」の最新の用語について、出題傾向、学習ポイント、重要な用語を解説しました。

まとめ

【出題傾向】
4問程度(テクノロジ系45問中)出題されます。

令和元年以降、あまり変わっていません。

【学習ポイント】
・プロセッサ
 →CPUの性能に注意!

・メモリ
 →メモリの種類と特徴を覚えましょう。

・入出力デバイス
 →各デバイスの役割と、センサ、アクチュエータ、Iotデバイス、Iotサーバ、Iotゲートウェイのつながりを覚えましょう。

【重要用語】
シラバス5で、新しい用語がたくさん増えました。

過去問題だけにかたよらず、用語集を使って用語を覚えることが大切です。 

以上、テクノロジ系「コンピュータ構成要素」の重要な用語について解説しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました