経営戦略マネジメント-令和元年

スポンサーリンク
スポンサーリンク

令和元年秋 問5

材料調達から商品販売までの流れを一括管理して、供給の最適化を目指すシステムはどれか。

ア ASP
イ CRM
ウ ERP
エ SCM
 

解説(令和元年秋 問5)

ASP(Application Service Provider)は、サーバ上のアプリケーションソフトウェアを、インターネット経由でユーザに提供する事業者、又はそのサービス形態です。
(ITパスポート 平成22年春 問13より)

CRM(Customer Relationship Management)は、顧客データの分析を基に顧客を識別し,コールセンタやインターネットなどのチャネルを用いて顧客との関係を深める手法です。
(ITパスポート 令和2年秋 問18より)

CRMの説明(ストラテジ系経営戦略マネジメント12.経営管理システム)

ERP(Enterprise Resources Planning)は、購買、生産、販売、経理、人事などの企業の基幹業務の全体を把握し、関連情報を一元的に管理す ることによって、企業全体の経営資源の最適化と経営効率の向上を図るためのシステムです。
(ITパスポート 平成31年秋 問3より)

ERPの説明(ストラテジ系経営戦略マネジメント12.経営管理システム)

SCM(Supply Chain Management)は、調達、生産、流通を経て消費者に至るまでの一連の業務を、取引先を含めて全体最適の視点から見直し,納期短縮や在庫削減を図るものです。
(ITパスポート 令和2年秋 問15より)

SCM(サプライチェーンマネジメント)の説明(ストラテジ系経営戦略マネジメント12.経営管理システム)

よって、正解は  です。

令和元年秋 問7

事業環境の分析などに用いられる3C分析の説明として、適切なものはどれか。

ア 客、競合、自社の三つの観点から分析する。
イ 最新購買日、購買頻度、購買金額の三つの観点から分析する。
ウ 時代、年齢、世代の三つの要因に分解して分析する。
エ 総売上高の高い順に三つのグループに分類して分析する。
 

解説(令和元年秋 問7)

ア ”客(Customer)、競合(Competitor)、自社(Company)”とあるので、3C分析の説明です。

3C分析は、企業の経営やマーケティング戦略を策定するための手法です。

イ ”最新購買日(Recency)、購買頻度(Frequency)、購買金額(Monetary)”とあるので、RFM分析の説明です。

RFMは、データベース化された顧客情報を活用し、優良顧客を抽出する方法です。
(ITパスポート 平成28年秋 問32より)

ウ ”時代”、”年齢”、”世代”とあるので、コーホート分析の説明です。

コーホート分析は、対象の行動特性や生活様式などを分析します。

エ ”高い順に三つのグループに分類して”とあるので、ABC分析の説明です。

ABC分析は、優先的に管理すべき対象を明確にするための手法です。

よって、正解は  です。

令和元年秋 問10

企業のアライアンス戦略のうち、ジョイントベンチャの説明として、適切なものはどれか。

ア 2社以上の企業が共同出資して経営する企業のこと
イ 企業間で相互に出資や株式の持合などの協力関係を結ぶこと
ウ 企業の合併や買収によって相手企業の支配権を取得すること
エ 技術やブランド、販売活動などに関する権利の使用を認めること
 

解説(令和元年秋 問10)

ア “共同出資して経営する企業”とあるので、ジョイントベンチャの説明です。

  ”ジョイント ”には、連携、提携の意味があります。

イ ”相互に出資や株式の持合などの協力関係とあるので、株式の持ち合いの説明です。

ウ ”企業の合併や買収”とあるので、M&Aの説明です。

エ ”権利の使用を認める”とあるので、ライセンス契約の説明です。

よって、正解は  です。

令和元年秋 問11

情報システム戦略において定義した目標の達成状況を測定するために、重要な業績評価の指標を示す用語はどれか。

ア BPO
イ CSR
ウ KPI
エ ROA
 

解説(令和元年秋 問11)

BPO(Business Process Outsourcing)は、自社の業務処理の一部を外部の事業者に任せる経営手法です。
(ITパスポート 平成26年秋 問22より)

CSR(Corporate Social Responsibility)は、企業活動において経済的成長だけでなく,環境や社会からの要請に対し,責任を果たすことが,企業価値の向上につながるという考え方です。
(ITパスポート 平成22年秋 問22より)

KPI(Key Performance Indicator)は、情報システム戦略において定義した目標の達成状況を測定するために,重要な業績評価の指標を示す用語です。
(ITパスポート 平成27年春 問5より)

ROA(Return On Assets)は、総資産利益率のこと。会社の総資産を使って,どれくらい利益を上げられたかを示す数値です。

似ている用語にROE(Return On Equity:自己資本比率)があります。要注意です。

よって、正解は  です。

令和元年秋 問15

自社の商品やサービスの情報を主体的に収集する見込み客の獲得を目的に、企業がSNSやプ口グ、検索エンジンなどを利用して商品やサービスに関連する情報を発信する。このようにして獲得した見込み客を、最終的に顧客に転換させることを目標とするマーケティング手法として、最も適切なものはどれか。

ア アウトバウンドマーケティング
イ インバウンドマーケティング
ウ ダイレクトマーケティング
エ テレマーケティング
 

解説(令和元年秋 問15)

ア アウトバンドマーケティングは、企業から見込み客に対してアプローチを行う(テレビCMなど)マーケティング手法です。

イ ”商品やサービスに関連する情報を発信”とあるので、インバウンドマーケティングです。

ウ ダイレクトマーケティングは、見込み客と直接コミュニケーションを図ることを目指したマーケティング手法です。

例:ECサイトで、検索した商品の関連商品や類似商品が表示される。

エ テレマーケティングは、電話による会話を通じて見込み客に商品の購入を促すマーケティング手法です。

よって、正解は  です。

令和元年秋 問32

一般消費者向けの製品を製造しているA社では、新製品の開発に当たって、市場を取り巻くマクロ環境を政治、経済、社会、技術の観点について分析することにした。このときに収集すべき情報として、最も適切なものはどれか。

ア 競合企業の経営戦略
イ 競合企業の財務状況
ウ 主要仕入先の原材料価格
エ 我が国の高齢化率
 

解説(令和元年秋 問32)

問題より、選ぶのは”マクロ環境”を分析するため情報です。

マクロ環境は、国民経済全体や、政治、社会の経済システムなどの大きな領域です。

ミクロ環境は、個人個人の行動や、競合他社など、一企業を取り巻く状況です。

ア ”競合企業の”とあるので、ミクロ環境の情報です。

イ ”競合企業の”とあるので、ミクロ環境の情報です。

ウ ”主要仕入先の”とあるので、 ミクロ環境の情報です。

エ ”我が国の”とあるので、社会環境の情報です。

よって、正解は  です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました