シラバスのバージョン別 試験に出やすい用語

ITパスポートシラバスのバージョン別試験に出やすいところはじめに知りたい
スポンサーリンク

ITパスポート試験の最新出題傾向を説明します。

シラバスのバージョン別内容(用語)を視点にして,過去問題(公開問題)を詳細に分析しました。

同じ中分類(企業活動,セキュリティなどの)の中でも,特に,注意すべき部分がわかります。

スポンサーリンク

シラバスのバージョン?

シラバスは,試験に合格するために,何をどの程度覚えるといいか書かれている要項です。

このシラバスは,令和元年以降,大きく変わっています。

そのため,シラバスのバージョンによって,対応する試験問題が異なります。

シラバスのバージョンと対応する試験問題

●シラバス3:
 ~平成31年3月までの試験問題
●シラバス4:
 平成31年4月~令和3年3月の試験問題
シラバス5:
 令和3年4月~令和4年3月の試験問題
シラバス6:
 令和4年4月~の試験問題

シラバスのバージョン別に見たときの,試験に出そうなところ

現在のシラバス5の内容を,これまでのバージョン別に分けることができる。

これまで、シラバスのバージョンが変わるたびに、新しい内容(用語)が加わってきました。

そのため,現在使われているシラバス5の内容(用語)は,バージョンを視点にして,次のよう分けることができます。

シラバス5の構成

①もともとシラバス3に書かれていた内容(用語)
  +
シラバス4(4.1含む)にバージョンアップした時の新しい内容(用語)
  +
シラバス5にバージョンアップした時の新しい内容(用語)

シラバスのバージョン別内容と試験問題の関係に傾向がある。

シラバスのバージョン別内容(用語)の視点で,公開された過去問題を分類して傾向をつかみました。

ストラテジ系

1回分の過去(公開)問題には,ストラテジ系の問題は35問あります。

そのうち, 約6割がシラバス3の問題でした。

残り,4割はシラバス4,5の新しい内容(用語)の問題でした。

ITパスポート試験問題構成ストラテジ系

この割合は,令和元年秋,2年秋,3年春の3回とも,ほぼ同じです。

ストラテジ系アドバイス

学習するときは,特定のシラバスのバージョンに偏って学習時間をかけすぎないようにしましょう。

シラバス4,シラバス5になったのは最近なので,過去問題の多くはシラバス3の問題です。

過去問題演習中心に学習を進めると,シラバス4や5の内容(用語)の学習割合が少なくなります。

シラバス4や5の内容(用語)だけを分けて,覚えることも必要です。

マネジメント系

1回分の過去(公開)問題には,マネジメント系の問題は20問あります。

そのうち, 約6割がシラバス3の問題でした。

残り,4割はシラバス4,5の新しい内容(用語)の問題でした。

ITパスポート試験問題構成マネジメント系

この割合は,令和元年秋,2年秋,3年春の3回とも,ほぼ同じです。

学習するときは,特定のシラバスのバージョンに偏って学習時間をかけすぎないようにしましょう。

マネジメント系アドバイス

学習するときは,特定のシラバスのバージョンに偏って学習時間をかけすぎないようにしましょう。

シラバス4,シラバス5になったのは最近なので,過去問題の多くはシラバス3の問題です。

過去問題演習中心に学習を進めると,シラバス4や5の内容(用語)の学習割合が少なくなります。

シラバス4や5の内容(用語)だけを分けて,覚えることも必要です。

テクノロジ系

1回分の過去(公開)問題には,ストラテジ系の問題は45問あります。

そのうち, 約5割がシラバス3の問題でした。

残り,4割はシラバス4,5の新しい内容(用語)の問題でした。

1割がシラバスにない用語の問題でした。

年々,シラバス3.0の問題が少なくなり、シラバス4,シラバス5以降の新しい用語の問題が増えています。

ITパスポート試験問題構成テクノロジ系
テクノロジ系アドバイス

基本的には,ストラテジ系,マネジメント系と同じ工夫が必要です。

特に,シラバス4,5の新しい用語の問題が増える傾向にあるので,積極的に新しい用語を覚えることが必要です。

用語について,シラバスのバージョンを知る方法

本サイトでは,どのシラバスの用語なのか,用語の説明に

Ver.4Ver.5Ver.6 シラ外

のようにラベルを付けました。(シラバス3の用語については,ラベルはありません。)

用語の説明は,こちらの記事にあります。

以上,ITパスポート試験についての,シラバスのバージョン別内容(用語)を視点にした,最新の出題傾向でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました