ハードウェア-令和4年

スポンサーリンク

令和4年 問66

IoT機器やスマートフォンなどに内蔵されているバッテリの容量の表記において、“100mAh”の意昧として、適切なものはどれか。

ア 100mAの電流を1時間放電できる。
イ 100分間の充電で,電流を1時間放電できる。
ウ 1Aの電流を100分間放電できる。
エ 1時間の充電で、電流を100分間放電できる。
 

正解の理由

A(アンペア)」は、電流の単位です。

m(ミリ)」は、千分の一を表す記号です。

h(アワー)」は、1時間を表す英単語 hourを指しており、1時間を表します。

mAh(ミリアンペアアワー)」は、「〇〇mAの電流を1時間流し続けられる」ということを表します。

 「100mAの電流を1時間放電できる。」は、「100mAh」の意昧として適切です。

よって、正解は  です。

  前の問題  問題一覧  次の問題 
問65 令和4年 問67

令和4年 問94

インクジェットプリンタの印字方式を説明したものはどれか。

ア インクの微細な粒子を用紙に直接吹き付けて印字する。
イ インクリボンを印字用のワイヤなどで用紙に打ち付けて印字する。
ウ 熱で溶けるインクを印字ヘッドで加熱して用紙に印字する。
エ レーザ光によって感光体にトナーを付着させて用紙に印字する。
 

正解の理由

 「インクの微細な粒子を用紙に直接吹き付けて印字する。」は、インクジェットプリンタの特徴です。

インクジェットプリンタの説明(テクノロジ系ハードウェア49.ハードウェア(コンピュータ・入出力装置))

よって、正解は  です。

不正解の理由

 「インクリボンを印字用のワイヤなどで用紙に打ち付けて印字する。」は、ラインプリンタの特徴です。

インパクトプリンタの説明(テクノロジ系ハードウェア49.ハードウェア(コンピュータ・入出力装置))

 「熱で溶けるインクを印字ヘッドで加熱して用紙に印字する。」は、サーマルプリンタの特徴です。

サーマルプリンタの説明(テクノロジ系ハードウェア49.ハードウェア(コンピュータ・入出力装置))

 「レーザ光によって感光体にトナーを付着させて用紙に印字する。」は、レーザプリンタの特徴です。

レーザープリンタの説明(テクノロジ系ハードウェア49.ハードウェア(コンピュータ・入出力装置))
  前の問題  問題一覧  次の問題 
問93 令和4年 問95

コメント

タイトルとURLをコピーしました