データベース-令和4年

スポンサーリンク
スポンサーリンク

令和4年 問65

条件①~⑤によって、関係データベースで管理する“従業員”表と“部門”表を作成した。“従業員”表の主キーとして、最も適切なものはどれか。

ITパスポート令和4年春問65解説(テクノロジ系55. データベース設計)
ア “従業員番号”
イ “従業員番号”と“部門コード”
ウ “従業員名”
エ “部門コード”
 

解説(令和4年 問65)

主キーは、データベースの1つの行(レコード)を重複なく識別するための項目です。

“従業員番号” は、”① 各従業員は重複のない従業員番号を一つもつ。”とあるので、“従業員”表に重複はありません。

“部門コード”は、”②一つの部門には複数名の従業員が所属する。”とあるので、“従業員”表に重複があります。

“従業員名” は、”同姓同名の従業員がいてもよい。”とあるので、“従業員”表に重複があることがあります。

よって、正解は  です。

令和4年 問77

トランザクション処理のACID特性に関する記述として、適切なものはどれか。

ア 索引を用意することによって、データの検索時の検索速度を高めることができる。
イ データの更新時に、一連の処理が全て実行されるか、全く実行されないように制御することによって、原子性を保証することができる。
ウ データベースの複製を複数のサーバに分散配置することによって、可用性を高めることができる。
エ テーブルを正規化することによって、データに矛盾や重複が生じるのを防ぐことができる。
 

解説(令和4年 問77)

トランザクション処理は、処理の一貫性を保つために、お互いに関係のある処理をひとまとまりの処理として扱うことです。

ACID特性は、DataBase Management Systemの機能によって実現されるトランザクションの性質です。

次の4つがあります。

原子性(atomicity):
トランザクションの処理が全て実行されるか、全く実行されないかのいずれかで終了すること注1)

一貫性(consistency):
データペースの内容が矛盾のない状態であること注1) 

独立性(isolation):
同時実行される複数のトランザクションは互いに干渉しないこと注2)

耐久性(durability):
正常に終了したトランザクションの更新結果は、障害が発生してもデータペースから消失しないこと 注1)

注1)応用情報 令和2年秋午前 問30より
注2)応用情報 平成31年春午前 問30より

ア ”データの検索時の検索速度を高めること”とあるので、ACID特性でありません。

イ ”原子性を保証することができる。”とあるので、ACID特性です。

ウ 可用性とは、”認可された利用者が、必要なときに情報にアクセスできることを確実にすること”です。”可用性を高めることができる。”は、ACID特性でありません。

エ ”テーブルを正規化すること”では、トランザクション処理の一貫性を保つことはできません。

よって、正解は  です。

令和4年 問83

データを行と列から成る表形式で表すデータベースのモデルはどれか。

ア オブジェクトモデル
イ 階層モデル
ウ 関係モデル
エ ネットワークモデル
 

解説(令和4年 問83)

ア オブジェクトモデルは、データとデータの処理方法を、ひとまとめにしたオブジェクトとして表現して、データを管理するモデルです。

イ 階層モデルは、データ同士の関係を木構造で表現して、データを管理するモデルです。

階層モデルの説明(テクノロジ系データベース54.データベース方式)

ウ 関係モデルは、データの集まりを表形式で表現して、データを管理するモデルです。

関係モデルの説明(テクノロジ系データベース54.データベース方式)

エ ネットワークモデルは、データ同士の関係を網の目のようにつながった状態で表現して、管理するモデルです。

ネットワークモデルの説明(テクノロジ系データベース54.データベース方式)

よって、正解は  です。

令和4年 問98

関係データベースで管理している“従業員”表から、氏名の列だけを取り出す操作を何というか。

ITパスポート令和4年春問98解説(テクノロジ系56. データ操作)
ア 結合
イ 射影
ウ 選択
エ 和
 

解説(令和4年 問98)

ア 結合は、複数の表を一つの表にすることです。

  次の図のような操作です。

結合の説明(テクノロジ系データベース56.データ操作)

イ 射影は、指定したフィールド(列)を抽出することです。

  次の図のような操作です。

射影の説明(テクノロジ系データベース56.データ操作)

  ”氏名の列だけを取り出す操作”とあるので、射影です。

ウ 選択は、指定したレコード(行)を抽出することです。

  次の図のような操作です。

選択の説明(テクノロジ系データベース56.データ操作)

エ は、二つの表の少なくとも一方にある行(重複した行は一方だけ)を取り込み、一つの表にすることです。

次の図のような操作です。

和の説明(テクノロジ系データベース56.データ操作)

よって、正解は  です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました