経営戦略マネジメント-予想問題-a

スポンサーリンク
スポンサーリンク

経営 予想1

ブルーオーシャン戦略の説明として、適切なものはどれか。

ア 新しい価値を提供することによって、競争のない新たな市場を生み出す。
イ 売れ筋商品以外の商品も幅広く取り扱うことによって、販売機会の増大を図る。
ウ 業界のトップ企業が提供する製品との差別化を徹底的に進める。
エ コスト削減によって競合他社に対する優位性を築く。
 

出典:ITパスポート 平成27年秋 問14

–正解の理由–

ア “競争のない新たな市場”とあるので、ブルーオーシャン戦略Ver.5.0の説明です。

よって、正解は  です。

–不正解の理由–

イ ”売れ筋商品以外の商品も幅広く取り扱う”とあるので、ロングテール戦略の説明です。

ウ ”差別化を徹底的に進める”とあるので、差別化戦略シラ外の説明です。

エ ”コスト削減によって競合他社に対する優位性を築く。”は、コストリーダーシップ戦略シラ外の説明です。

経営 予想2

ブルーオーシャン戦略の説明として、適切なものはどれか。

ア 従来は市場に存在しなかった製品を開発し、市場に投入すること
イ 技術革新によって、後発製品が先発製品の市場を衰退させること
ウ 技術の成熟などによって、他社製品との差別化が価格以外の点で困難になること
エ 市場での価格競争を避けるために、他社製品とは異なる機能をもった製品を開発し、販売すること
 

出典:応用情報 平成27年春午前 問68 一部改変

–正解の理由–

エ ”市場での価格競争を避ける””他社製品とは異なる機能をもった製品”とあるので、ブルーオーシャン戦略Ver.5.0の説明です。

よって、正解は  です。

–不正解の理由–

ア ”革新的な発明に基づいて”とあるので、プロダクトイノベーションの説明です。

イ ”後発製品が先発製品の市場を衰退させる”とあるので、破壊的イノベーションシラ外の説明です。

ウ ”他社製品との差別化が価格以外の点で困難になる”とあるので、コモディティ化の説明です。

経営 予想3

クロスメディアマーケティングの説明はどれか。

ア 顧客との良好な関係を維持することで個々の顧客から長期間にわたって安定した売上を獲得することを目指すマーケティング手法
イ 数時間から数日間程度の短期間の時間制限を設け、その時間内だけネット上で商品を販売するマーケテイング手法
ウ スマートフォンのGPS機能を利用し、現在地に近い店舗の広告を配信するマーケティング手法
エ テレビ、新聞、雑誌などの複数のメディアを併用し、消費者への多角的なアプローチを目指すマーケティング手法
 

出典:基本情報 令和元年秋午前 問66 一部改変

–正解の理由–

エ ”テレビ、新聞、雑誌などの複数のメディアを併用し”とあるので、クロスメディアマーケティングVer.5.0の説明です。

よって、正解は  です。

–不正解の理由–

ア ”顧客との良好な関係を維持する”とあるので、リレーションシップ マーケティングシラ外の説明です。

”リレーションシップ”には、”結びつき”などの意味があります。

イ ”短期間の時間制限を設け、その時間内だけネット上で商品を販売する”とあるので、フラッシュマーケティングシラ外の説明です。

”フラッシュ”には、”瞬間”や”ちらっと見せる”などの意味があります。

ウ ”GPS機能を利用し”とあるので、位置情報マーケティングシラ外の説明です。

経営 予想4

スキミングプライシングはどれか。

ア 消費者が選択しやすいように、複数の価格帯に分けて商品を用意する。
イ 商品の品質の良さやステータスを訴えるために意図的に価格を高く設定する。
ウ 商品本体の価格を安く設定し、関連消耗品の販売で利益を得る。
エ 新商品に高い価格を設定して早い段階で利益を回収する。
 

出典:応用情報 令和2年秋午前 問69 一部改変

–正解の理由–

エ ”新商品に高い価格を設定して”とあるので、スキミングプライシングVer.5.0の説明です。スキミング(skimming)には、”上澄みをすくいとる”という意味があります。

よって、正解は  です。

–不正解の理由–

ア ”複数の価格帯に分けて商品を用意する。”とあるので、プライスライニング戦略シラ外です。

寿司などで、「松」「竹」「梅」と3種類の価格の商品を用意する例があります。

イ ”商品の品質の良さやステータスを訴えるために意図的に価格を高く設定する。”は、高価格戦略シラ外です。

ウ ”商品本体の価格を安く設定し、関連消耗品の販売で利益を得る。”は、キャプティブプライシング戦略シラ外です。

”キャプティブ(captive)”には、”縛られた”、”つながれた”などに意味があります。

経営 予想5

初期投資の早期回収よりも、高いマーケットシェアの獲得を優先させる価格設定方式はどれか。

ア コストプラスプライシング
イ スキミングプライシング
ウ ペネトレーションプライシング
エ マークアッププライシング
 

出典:応用情報 平成28年秋午後 問2 一部改変

–正解の理由–

ウ ”初期投資の早期回収よりも,高いマーケットシェアの獲得を優先させる”とあるので、ペネトレーションプライシングVer.5.0です。

よって、正解は  です。

–不正解の理由–

ア コストプラスプライシングシラ外は、製造原価又は仕入原価に一定のマージン(利幅)を乗せる価格設定方式です。製造メーカーがよく用いる方法です。

イ スキミングプライシングVer.5.0は、新商品に高い価格を設定して早い段階で利益を回収する価格設定方式です。

エ マークアッププライシングシラ外は、仕入原価に一定率を上乗せして価格を決める価格設定方式です。流通業でよく用いられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました