【流れ図問題の解き方】ITパスポート令和4年度問79解説

ITパスポート流れ図問題解説(令和4年度問79)分野別問題集
スポンサーリンク

流れ図の問題はバリエーションが少ないので、解き方さえ覚えると確実に点を取れます。

今回は、ITパスポート令和4年度過去(公開)問題 問79を例にして解説しました。

まずは、解き方をトレースすることから始めてみましょう。

スポンサーリンク

問題を解く手順

問79 流れ図で示す処理を終了したとき、xの値はどれか。

ITパスポート過去問題令和4年度問79

問題文の全体の構成を確認する。

流れ図問題を解く手順
  • Step 1
    問題文の全体の構成を確認する。
    • 1
      説明(条件)
    • 2
      設問
    • 3
      流れ図
  • Step 2
    流れ図の流れを大まかに確認する。
  • Step 3
    変数(x、yなど)の変化を整理するための表を作成する。
  • Step 4
    流れ図にしたがって、表の空欄を埋める。

次の点を確認します。

説明(条件)

この問題の場合、条件は示されていません。

令和3年問74のように、重要な条件が示されている場合があります。

最初に、条件があるかないか、確認することが大切です。

設問

設問は、”流れ図で示す処理を終了したとき、xの値はどれか。”だけです。

したがって、流れ図を正しくたどることができるかがポイントの問題です。

なお、令和3年問74のように、選択肢に与えられた数値を流れ図の変数に代入して正誤を確認する問題もあります。

流れ図

この問題の場合は、1つです。

令和3年問74のように、流れ図が2つの場合もあります。

流れ図が1つだけか、2つあるのかで、問題の解き方がガラリと異なるので、問題に飛びつく前に確認しましょう。

流れ図の流れを大まかに確認する。

流れ図問題を解く手順
  • Step 1
    問題文の全体の構成を確認する。
  • Step 2
    流れ図の流れを大まかに確認する。
  • Step 3
    変数(x、yなど)の変化を整理するための表を作成する。
  • Step 4
    流れ図にしたがって、表の空欄を埋める。

”繰り返し”と”分岐”の条件に注意します。

下図の色分け部分が重要です。

ITパスポート過去問題令和4年度問79解説(流れを確認する)

変数(x、yなど)の変化を整理するための表を作成する。

流れ図問題を解く手順
  • Step 1
    問題文の全体の構成を確認する。
  • Step 2
    流れ図の流れを大まかに確認する。
  • Step 3
    変数(x、yなど)の変化を整理するための表を作成する。
  • Step 4
    流れ図にしたがって、表の空欄を埋める。

具体的なx、yの値を考える前に、あらかじめ、表を作っておくと頭を整理できます。

次のような表を作ります。

ITパスポート過去問題令和4年度問79解説(表を作成する)

流れ図にしたがって、表の空欄を埋めます。

流れ図問題を解く手順
  • Step 1
    問題文の全体の構成を確認する。
  • Step 2
    流れ図の流れを大まかに確認する。
  • Step 3
    変数(x、yなど)の変化を整理するための表を作成する。
  • Step 4
    流れ図にしたがって、表の空欄を埋める。
ITパスポート過去問題令和4年度問79解説(表を計算する)

よって、処理を終了したときのxの値は x=14 です。

まとめ

ITパスポート令和4年度 問79を解きながら、流れ図問題の解き方を解説しました。

流れ図問題を解く手順
  • Step 1
    問題文の全体の構成を確認する。
  • Step 2
    流れ図の流れを大まかに確認する。
  • Step 3
    変数(x、yなど)の変化を整理するための表を作成する。
  • Step 4
    流れ図にしたがって、表の空欄を埋める。

手順さえ理解すると、たくさん用語を暗記するよりも、確実に点数が取れます。

他の流れ図問題でも、上の手順を試してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました