システム構成要素-令和4年

スポンサーリンク
スポンサーリンク

令和4年 問99

1台の物理的なコンビュータ上で、複数の仮想サーバを同時に動作させることによって得られる効果に関する記述a~cのうち、適切なものだけを全て挙げたものはどれか。

a 仮想サーバ上で、それぞれ異なるバージョンのOSを動作させることができ、物理的なコンビュータのリソースを有効活用できる。

b 仮想サーバの数だけ、物理的なコンビュータを増やしたときと同じ処理能力を得られる。

c 物理的なコンビュータがもつHDDの容量と同じ容量のデータを、全ての仮想サーパで同時に記録できる。

ア a
イ a、c
ウ b
エ c
 

解説(令和4年 問99)

リソースは、必要なメモリ容量やハードウェアの容量、CPUの処理速度などの資源のことです。

a 例えば図のように、物理リソースを有効活用できます。

サーバ仮想化のメリット(テクノロジ系システム構成要素43.システムの構成)

b 1台の物理的コンピュータで複数のOS・プログラムが動くため、1台につき1つのOSが動く物理サーバに比べて、リソースが不足している場合など性能面で劣る場合があります。

c 物理的なコンピュータを仮想サーバで共有して利用するため、すべて同時には記録できません。

よって、正解は  です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました