【新ITパスポート】試験前にやっておくべき新しい用語の問題step4

ITパスポート

シラバス5.0になって新しく追加になった用語についての問題です。
10問答えると、結果が表示されます。

デジ猫
デジ猫

一歩ずつ前に進もうね。

ためしてみよう

問1 横軸を点数(O~10点)とし,縦軸を人数とする度数分布のグラフが,次の黒い棒グラフになった場合と,グレーの棒グラフになった場合を考える。二つの棒グラフを比較して言えることはどれか。
ITパスポート平成21年春期問80問題グラフ
問2 相関係数に関する記述のうち,適切なものはどれか。
問3 標本相関係数が-0.9,-0.7, 0.7, 0.9のいずれかとなる標本の分布と回帰直線を表したグラフのうち,標本相関係数が-0.9のものはどれか。
基本平成20年春期午前問8問題グラフ
問4 数多くの数値の加算を行う場合,絶対値の小さなものから順番に計算するとよい。これは,どの誤差を抑制する方法を述べたものか。
問5 機械学習における教師あり学習の説明として,最も適切なものはどれか。
問6 AIの機械学習における教師なし学習で用いられる手法として,最も適切なものはどれか。
問7 ディープラ一二ングを構成する技術の一つであり,人間の脳内にある神経回路を数学的なモデルで表現したものはどれか
問8 AIにおけるディープラーニングの特徴はどれか。
問9 ログイン機能をもっWebサイトに対する,パスワードの盗聴と総当たり攻撃へのそれぞれの対策の組合せとして,最も適切なものはどれか。
ITパスポート平成31年春期問59
問10  BEC (Business E-mail Compromise)に該当するものはどれか。
New-syllabus-word-question4
{{maxScore}}問のうち{{userScore}}問正解です!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

次のステップは、セキュリティの問題です。

デジ猫
デジ猫

”急ぐべからず、焦るべからず”だよ!

用語,出典

問題1
用語:分散
出典:ITパスポート 平成21年春 問80
問題2
用語:相関係数
出典:応用情報技術者 平成29年秋 午前問1
問題3
用語:回帰分析
出典:基本情報技術者 平成20年春 午前問8
問題4
用語:誤差
出典:基本情報技術者 平成17年春 午前問4
問題5
用語:機械学習(教師あり学習)
出典:基本情報技術者 平成31年春 午前問4
問題6
用語:機械学習(教師なし学習)
出典:応用情報技術者 令和元年秋 午前問4
問題7
用語:ニューラルネットワーク
出典:ITパスポート令和2年秋 問19
問題8
用語:ディープラーニング
出典:基本情報技術者 平成30年春 午前問3
問題9
用語:盗聴
出典:ITパスポート 平成31年春 問59
問題10
用語:ビジネスメール詐欺(BEC)
出典:情報セキュリティマネジメント 令和元年秋期 午前問1

コメント

タイトルとURLをコピーしました