ITパスポート試験/令和3年春、シラバス5.0変更部分の出題10%

ITパスポート

ITパスポート試験のシラバスが変わりました。
これから試験を受ける方は、不安だと思います。
3月18日に、ITパスポート試験のシラバスが変わってから、初めての問題が公開されました。
その問題を独自に分析した結果を公開します。
学習計画を立てたり、学習の軌道修正にお役だて下さい。

令和3年春公開問題、シラバス5.0変更部分からの出題は9問

独自に分析して、公開問題をシラバスのバージョン別に下の表のように分類しました。
なお、「シラバス5.0で追加された用語の問題」を「シラバス5.0の問題」のように記載します。

シラバス5.0の問題は9問ありました。
ITパスポート試験の問題は100問ありますから、約10%です。

ただし、シラバス5.0が公開されて初めての公開問題です。
今後、いつもこの程度の量なのか様子を見る必要があります。

シラバス更新部分別の問題数は、どれくらい変化するものなの?

シラバスのバージョン(更新部分)別の問題数は、どれくらい変化するものなのでしょうか?
令和になってからの問題を比較しました。

次第にシラバス3.0の問題が少なくなっていて、逆に、シラバス4.0以降の新しい問題が増えています
今後、シラバス5.0の問題が急激に増えなくとも、減ることはないと考えられます。
シラバス5.0で追加された用語について、対策が必要です。

次は、細かく分野別にみてみましょう。

ストラテジ系は、出題割合が一定

ストラテジ系は、下の図のようになりました。

シラバス3とシラバス4以降と大別すると、令和になってから一定でした。
先ほど、全体でみると新しい問題が増えていましたが、ストラテジ系の部分についてみると新旧ほぼ一定でした。
ストラテジ系の学習については、次の点に注意が必要でしょう。

学習時間の配分は、新旧バランスよく。
目につきやすい新しい用語に学習時間を割きすぎないように注意する。

ストラテジ系のシラバス5.0問題、ビジネスインダストリ・・・

シラバス5.0の問題について、出題された項目を調べました。
下表のようになります。

本サイトで学習ポイントとして挙げていた企業活動とビジネスインダストリから出題されていました。
本番の試験で同じ項目から出るとは限りませんが、シラバス5.0対策の目安になるでしょう。

マネジメント系も、出題割合が一定

マネジメント系は、下の図のようになりました。

ストラテジ系と同じように、シラバス3とシラバス4以降と大別すると、令和になってから一定でした。
マネジメント系の学習についても、次の点が大切です。

学習時間の配分は、新旧バランスよく。
目につきやすい新しい用語に学習時間を割きすぎないように注意する。

マネジメント系のシラバス5.0対策、システム監査を丁寧に

みちともデジタルでは、システム監査の具体的な学習ポイントを挙げておきましたが、公開問題で出題されていました。

テクノロジ系は、新しい用語の問題が増加

テクノロジ系のグラフです。

シラバス3.0の問題が少なくなって、シラバス4.0以降の新しい問題が増えています。
シラ外を含めると、半分以上が新しい用語の問題です。

テクノロジ系の学習については、次の点に注意が必要です。

過去問題で演習する場合は、どのシラバスの問題なのか確認する。

なお、令和になってからの公開問題と過去の問題との関係を、近日中に公開予定です。

テクノロジ系のシラバス5.0問題、 セキュリティ・・・

テクノロジ系のシラバス5.0の問題は、次のような問題でした。
セキュリティから2問出ています。
これも、みちともデジタル で学習ポイントととして挙げていた内容です。

なお、今回は出題されませんでしたが、追加された用語が多いので、基礎理論も押さえて置くべきです。

シラバス5.0変更部分が令和3年春公開問題でどのように出題されたかお話ししました。
これからも、出題傾向など役に立つ情報を提供していきたい思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました