ITパスポート/シラバス5.0新しい用語と攻略ポイント~システム戦略

システム戦略新しい

ITパスポート試験 ストラテジ系 システム戦略 について,シラバス5.0の新しい用語と攻略ポイントを説明します。

出題傾向

重要度指数

40(ストラテジ系5位)
詳しくはこちら

出題数

5問程度(ストラテジ系35問中)
詳しくはこちら

出題傾向

令和元年秋の問題で減りましたが,その後,増えています。
詳しくはこちら

デジねこ
デジねこ

なんか,嫌な感じがする。

「システム戦略」の新しい用語と攻略ポイント

ポイント

「ライフログ」の具体例を覚えておきましょう。

問題文に,用語の具体例を挙げられることが多いです。

「ライフログ」の場合には,具体例をいくつか覚えておきましょう。

正確に用語を覚えていなくても,選択肢を選ぶことができます。

ライフログ

Ver.5.0
利用者のネット内外の活動記録(行動履歴)が、パソコンや携帯端末等を通じて取得・蓄積された情報(例)
①閲覧履歴(ウェブのアクセス記録、検索語句、訪問先URLや滞在頻度・時間、視聴履歴等)
②電子商取引による購買・決済履歴
③位置情報(携帯端末のGPS機能により把握されたもの、街頭カメラ映像を解析したもの等) など

ストラテジ系経営戦略マネジメント19.業務プロセス 

ポイント

「情報銀行」と「PDS」の違いを覚えましょう。

情報銀行とPDSは,個人のデータを扱う点で紛らわしいです。

問題の選択肢に,一緒に出ることが考えらられるので,お互いの違いを覚えておきましょう。

次からの用語説明では,違いを文字色で強調しています。

情報銀行

Ver.5.0
個人とのデータ活用に関する契約等に基づき、PDS 等のシステムを活用して個人のデータを管理するとともに、個人の指示又は予め指定した条件に基づき個人に代わり妥当性を判断の上、データを第三者(他の事業者)に提供する事業

ストラテジ系経営戦略マネジメント19.業務プロセス 

PDS(Personal Data Store)

Ver.5.0
他者保有データの集約を含め、個人が自らの意思で自らのデータを蓄積・管理するための仕組み(システム)であって、第三者への提供に係る制御機能(移管を含む)を有するもの。

ストラテジ系経営戦略マネジメント19.業務プロセス 

ポイント

なぜ,「レガシーシステムの廃棄・刷新」が必要か,覚えておきましょう。

「デジタルトランスフォーメーション(DX)」は,情報分野のトレンド用語です。

「システム戦略」では,このDX関連の用語が増えました。

特に,「レガシーシステムの廃棄・刷新」がDXに関係が深いので注意です。

費用対効果分析

Ver.5.0
費用をかけて、どれほど効果があるのか(あったのか)分析すること

ストラテジ系経営戦略マネジメント21.システム活用促進・評価

メンテナンスコスト

Ver.5.0
システムのアップデートやハードウェアの交換などの費用

ストラテジ系経営戦略マネジメント21.システム活用促進・評価

利用者満足度調査

Ver.5.0
システムの欠陥、システムの性能、システムの信頼性を調査すること

ストラテジ系経営戦略マネジメント21.システム活用促進・評価

システムライフサイクル

Ver.5.0
システムの企画から開発、運用、保守、そして廃棄に至るまでの過程

ストラテジ系経営戦略マネジメント21.システム活用促進・評価

レガシーシステムの廃棄・刷新

Ver.5.0
廃棄・刷新が必要な理由
デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進の足かせになる。
(レガシーシステムの問題点)
・現在の技術に対応できない
・システムの肥大化や複雑化
・保守・運用する人材の高齢化や不足により、システムの内部がわからない(ブラックボックス化)

ストラテジ系経営戦略マネジメント21.システム活用促進・評価

デジ猫
デジ猫

DX関連の用語は注意なんだね。

以上,ITパスポート試験 ストラテジ系 システム戦略 について,シラバス5.0の新しい用語と攻略ポイント を説明しました。

つぎの取り組み

コメント

タイトルとURLをコピーしました