ITパスポート/シラバス5.0新しい用語と攻略ポイント~システム企画

システム企画新しい

新しい用語はわずか1語ですが、他の用語と混同しやすいです。

注意しましょう。

出題傾向

重要度指数

2(ストラテジ系7位)

出題数

2問程度(ストラテジ系35問中)

出題傾向

最低でも1問,多いとき(令和3年春公開)は3問出題

シラバス5.0新しい用語と攻略ポイント

ポイント

AIについて,名称が似ているガイドラインがあります。

目的と策定(公表)機関の違いがポイントです。

AI・データの利用に関する契約ガイドライン:

Ver.5.0
策定:経済産業省
目的:データ共有・利活用への取組み、及び、その鍵となるAIの開発・利用の促進を図る。
利用場面:データ契約やAIの開発・利用契約を締結する時
内容:当事者間/関係者間のギャップを埋め、契約コストを削減するとともに、契約による適切な権利義務の分配を促す。

ストラテジ系経営システム企画24.調達計画・実施

下の用語と混同しないように注意!

信頼できるAI のための倫理ガイドライン
(Ethics guidelines for trustworthy AI)

Ver.5.0
公表:EU
倫理的かつ責任のあるAIを推進するための取り組みの世界基準

ストラテジ系ビジネスインダストリ14.ビジネスシステム

以上,ITパスポート試験 ストラテジ系 システム企画 について,シラバス5.0の新しい用語と攻略ポイント を説明しました。

つぎの取り組み

コメント

タイトルとURLをコピーしました