ITパスポート/出題範囲・シラバスの一部改訂,Ver6.0へ

ITパスポート試験範囲改訂・受験料変更試験情報
スポンサーリンク

令和4年4月から,ITパスポート試験が変わりました。

変更内容の要点を紹介します。

スポンサーリンク

IPA発表の内容

IPA(情報処理機構)から,”ITパスポート試験における出題範囲・シラバスの一部改訂について(高等学校情報科「情報Ⅰ」への対応など)”の発表がありました。

ポイントは,次の4点です。

2022年4月の試験から実施

・プログラミング的思考力を問う擬似言語を用いた出題

・情報デザイン、データ利活用のための技術、考え方を問う出題を強化

・試験時間、出題数、採点方式及び合格基準に変更なし

サンプル問題も公開されました。

その他,シラバスVer6.0に新しい用語が追加されています。

過去問題だけに頼れない!

新しい内容(用語)についての問題は,過去5回分の過去(公開)問題には2問だけでした。

・ITパスポート 令和3年春期 問24(テレワークに関する問題)
・ITパスポート 令和2年秋期 問45(ITガバナンスに関する問題)

過去(公開)問題だけで,新しい内容(用語)に対応することはできません。

また,現在,シラバス5のときの新しい内容(用語)についても,過去問題は,令和3年春の分だけです。

今後は,過去(公開)問題での勉強だけでなく,用語をしっかり勉強する必要があります。

特に,過去(公開)問題のない,シラバス5の新しい内容(用語)とシラバス6の新しい内容(用語)が注意ポイントです。

シラバス変更内容は,どれくらいある?

シラバス6になって,新しい用語が増えたのは、ストラテジ系とテクノロジ系です。

・ストラテジ系    41語
・マネジメント系は,新しい用語はありません。
・テクノロジ系   119語

全体で、160語です。

とてもたくさんあります。

こちらの記事で,どんな新しい用語があるか,また,どれくらい試験に出題されそうか詳しく解説しています。

ITパスポート試験は,どれくらい変わるのか?

過去のシラバス変更時の公開問題から,シラバス6の新しい部分から,当初は,次のように出題されると予想されます。
 【シラバス6の出題予想】
  ストラテジ系   4問~6問程度
  マネジメント系  変更無し
  テクノロジ系   3問~6問程度

シラバス3から4へ,シラバス4から5へ変更になった時,急には新しい内容は増えませんでした。

過去の様子から,シラバス6の新しい内容は,4月以降,次第に試験に反映されるものと予想されます。

次の記事の中で,詳しく説明しています。

まとめ

ITパスポート/出題範囲・シラバスの一部改訂について,要点を紹介しました。

要点は,次の通りです。

【変更の要点】

(試験内容の変更点)
・プログラミング的思考力を問う擬似言語を用いた出題

・情報デザイン、データ利活用のための技術、考え方を問う出題を強化
・試験時間、出題数、採点方式及び合格基準に変更なし

(変更内容について参考になる過去(公開)問題)
過去5回分の公開問題には2問だけしかない。

(具体的なシラバス変更内容(用語))
・ストラテジ系  新しい用語  41語
・マネジメント系 新しい用語 119語

(シラバス6の新しい部分からの出題(シラバス変更当初))
・過去のシラバス変更時の公開問題からの予想
  ストラテジ系   4問~6問程度
  マネジメント系  変更無し
  テクノロジ系   3問~6問程度

ITパスポート試験は,決して難しい国家資格ではありません。

試験に前向きに取り組めば,短期間で合格できます。

まずは,ITパスポート試験をよく知りましょう。

次の記事に,合格までの道筋を紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました