ITパスポート/スキマ時間にちょっと確認7~ビジネスインダストリ

ITパスポートすきま問題7ストラテジジ系ビジネスインダストリ分野別問題集
スポンサーリンク

今回は、AIの技術と社会への影響がわかる問題です。

問題に答えたら、解説をよく確認しましょう。

幅広い知識が身に付きます。

スポンサーリンク

(1) 令和元年秋 問8

人口減少や高齢化などを背景に、ICTを活用して,都市や地域の機能やサービスを効率化、高度化し、地域課題の解決や活性化を実現することが試みられている。このような街づくりのソリユーションを示す言葉として、最も適切なものはどれか。

ア キャパシティ
イ スマートシティ
ウ ダイバーシティ
エ ユニバ-シティ
 

解説

ア キャパシティは、容量の意味です。

イ ”ICTを活用して,都市や地域の機能やサービスを効率化、高度化し、地域課題の解決や活性化を実現する”とあるので、スマートシティの説明です。

ウ ダイバーシティは、性別、年齢、国籍、経験なふぉが個人ごとに異なるような多様性を示します。

エ ユニバ-シティは、総合大学のことです。

(2) 令和元年秋 問21

ディープラーニングに関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 営業、マーケティング、アフタサービスなどの顧客に関わる部門間で情報や業務の流れを統合する仕組み
イ コンビュータなどのディジタル機器、通信ネットワークを利用して実施される教育、学習、研修の形態
ウ 組織内の各個人がもつ知識やノウハウを組織全体で共有し、有効活用する仕組み
エ 大量のデータを人間の脳神経回路を模したモデルで解析することによって、コンビュータ自体がデータの特徴を抽出、学習する技術
 

解説

ア ”顧客に関わる部門間で情報や業務の流れを統合する仕組み”とあるので、CRM(Customer Relationship  Management)を指しています。

イ ”ディジタル機器”、”通信ネットワーク”、”教育、学習、研修”とあるので、e-ラーニングを指しています。

ウ ”各個人がもつ知識やノウハウを組織全体で共有し、有効活用する”とあるので、ナレッジマネジメントを指しています。

エ ”大量のデータを人間の脳神経回路を模したモデルで解析する”とあるので、ディープラーニングの説明です。

よって、正解は エ です。

(3) 令和元年秋 問22

人工知能の活用事例として、最も適切なものはどれか。

ア 運転手が関与せずに、自動車の加速、操縦、制動の全てをシステムが行う。
イ オフィスの自席にいながら、会議室やトイレの空き状況がリアルタイムに分かる。
ウ 銀行のような中央管理者を置かなくても、分散型の合意形成技術によって、取引の承認を行う。
エ 自宅のPCから事前に入力し、窓口に行かなくても自動で振替や振込を行う。
 

解説

ア 自動運転の説明です。

地域や天候、道路状況などを即座に認知して、自動車を制御することが必要なため、人口頭脳が活用されています。

イ 離れたところからリアルタイムで状況がわかるのは、IoTによる監視の効果です。

ウ ”分散型の合意形成技術”とあるので、ブロックチェーンの活用事例です。

エ インターネットバンキングの説明です。

よって、正解は ア です。

(4) 令和2年 問4

コンビニエンスストアを全国にチェーン展開するA社では、過去10年間にわたる各店舗の詳細な販売データが本部に蓄積されている。これらの販売データと、過去10年間の気象データ,及び各店舗近隣のイベント情報との関係を分析して、気象条件、イベント情報と商品の販売量との関連性を把握し、1週間先までの天気予報とイベント情報から店舗ごとの販売予想をより高い精度で行うシステムを構築したい。このとき活用する技術として、最も適切なものはどれか。

ア loTを用いたセンサなどからの自動データ収集技術
イ 仮想空間で現実のような体験を感じることができる仮想現実技術
ウ ディープラーニングなどのAI技術
エ 表計算ソフトを用いて統計分析などを行う技術
 

解説

”販売予想をより高い精度で行う”とあるので、AI技術を使います。

よって、正解は ウ です。

(5) 令和2年 問19

ディープラー二ングを構成する技術の一つであり,人間の脳内にある神経回路を数学的なモデルで表現したものはどれか。

ア コンテンツデリバリネットワーク
イ ストレージエリアネットワーク
ウ ニューラルネットワーク
エ ユビキタスネットワーク
 

解説

ア コンテンツデリバリネットワーク:
 動画や音声などの大容量のデータを利用する際に,インターネット回線の負荷を軽減するようにサーバを分散配置
(応用情報 平成29年春午前 問12より)

イ ストレージエリアネットワーク:
 コンピュータとストレージ(外部記憶装置)を結ぶネットワーク。LANとは独立。

ウ ニューラルネットワーク:
人間の脳内にある神経回路を数学的なモデルときたら、ニューラルネットワークです。
この説明文は試験によく使われています。

エ ユビキタスネットワーク:
 いつでも、どこでも、何でも、誰でもアクセスが可能なネットワーク環境

よって、正解は ウ です。

(6) 令和4年 問21

 政府が定める“人間中心のAI社会原則”では,三つの価値を理念として尊重し,その実現を追求する社会を構築していくべきとしている。実現を追求していくべき社会の姿だけを全て挙げたものはどれか。

a 持続性ある社会

b 多様な背景を持つ人々が多様な幸せを追求できる社会

c 人聞があらゆる労働から解放される社会

d 人間の尊厳が尊重される社会

ア a、b、c
イ a、b、d
ウ a、c、d
エ b、c、d
 

解説

”人間中心のAI社会原則”の基本理念に、次の実現を追求していくべき社会が書かれています。

・人間の尊厳が尊重される社会(Dignity)

・多様な背景を持つ人々が多様な幸せを追求できる社会(Diversity & Inclusion)

・持続性ある社会(Sustainability)

よって、正解は イ です。

ここまで、AIの技術と社会への影響がわかる問題を確認しました。

次は、第8回 ビジネス分野に活用されているIT技術について、理解を深められる問題です。

各問題の解説を確認しましょう。

次は、こちら

第6回へ
スキマ時間問題
第8回へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました