ITパスポート/スキマ時間に確認(第22回)~企業活動

ITパスポートすきま問題22ストラテジ系企業活動問題演習

スキマ時間に,覚えたことを確認しませんか?

今回は,企業活動のよく話題に出る略号の問題です。

第1問

企業の経営理念を策定する意義として,最も適切なものはどれか。

ア 企業の経営戦略を実現するための行動計画を具体的に示すことができる。
イ 企業の経営目標を実現するためのシナリオを明確にすることができる。
ウ 企業の存在理由や価値観を明確にすることができる。
エ 企業の到達したい将来像を示すことができる。
 

解説(令和元年秋 問12)

経営理念は,企業が活動する際の,最も根本の考え方を表したものです。

正解は,ウ です。

第2問

国連が中心となり,持続可能な世界を実現するために設定した17のゴールから成る国際的な開発目標はどれか。

ア COP21
イ SDGs
ウ UNESCO
エ WHO
 

解説(令和2年秋 問9)

正解は,イ です。

SDGsは,令和元年秋期 問35にも出ました。

第3問

全国に複数の支社をもっ大企業のA社は,大規模災害によって本社建物の全壊を想定したBCPを立案した。BCPの目的に照らし, A社のBCPとして,最も適切なものはどれか。

ア 被災後に発生する火事による被害を防ぐために,カーテンなどの燃えやすいものを防炎品に取り替え,定期的な防火設備の点検を計画する。
イ 被災時に本社からの指示に対して迅速に対応するために,全支社の業務を停止して,本社から指示があるまで全社員を待機させる手順を整備する。
ウ 被災時にも事業を継続するために,本社機能を代替する支社を規定し,限られた状況で対応すべき重要な業務に絞り,その業務の実施手順を整備する。
エ 毎年の予算に本社建物への保険料を組み込み,被災前の本社建物と同規模の建物への移転に備える。
 

解説(令和2年秋 問26)

BCP(Business Continuity Plan ):
事業の中断・阻害に対応し,事業を復旧し,再開し,あらかじめ定められたレベルに回復するように組織を導く手順を文書化したものです。
(応用情報 令和元年秋午前 問61より)

よって 正解は ウ

以上,スキマ時間に確認(第22回)~企業活動でした。

次は、こちら

第21回へ
スキマ時間問題
第23回へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました