【令和3年ITパスポート】3分でわかる実戦に役立つ用語の理解「IoT」

実戦用語の理解IoT ITパスポート
スポンサーリンク
シラバス4.0になって追加になった「IoT」の問題です。
シラバスが変わってから、「IoT]関連の問題が多く出ています。
実際の問題で、用語の理解と問題を解く考え方を確認しましょう。

【ITパスポート試験 令和元年度 秋期 問3】 

【問題】IoTの事例として,最も適切なものはどれか。

ア オークション会場と会員のPCをインターネットで接続することによって,会員の自宅からでもオークションに参加できる。

イ 社内のサーバ上にあるグループウエアを外部のデータセンタのサーバに移すことによって,社員はインターネット経由でいつでもどこでも利用できる。

ウ 飲み薬の容器にセンサを埋め込むことによって,薬局がインターネット経由で服用履歴を管理し,服薬指導に役立てることができる。

エ 予備校が授業映像をWebサイトで配信することによって,受講者はスマートフオンやPCを用いて,いつでもどこでも授業を受けることができる。


「IoT」とは「Internet of Things」の頭文字を取った単語です。一般的に「モノのインターネット」と呼ばれています。
IoTを簡単に説明すると、「身の回りのあらゆるモノがインターネットにつながる」仕組みのことです。
IoTでできること(重要)
(1)モノを操作する。
離れたモノを操作する遠隔制御ができます。
例えば、切り忘れた自宅のエアコンや照明の電源を、外出先で切ることができます。(もちろん、その、逆もできます。)
(2)モノの状態を知る。
離れたモノの状態を知る遠隔監視ができます。モノにセンサーを付けてデータを収集できます。
例えば、ペットの行動や観葉植物の状態を知ることができます。
(3)モノ同士の対話をする。
離れたモノ同士で任意データ送受信ができます。
例えば、自動運転システムでは、センサーで物体を検出し、人間を介さずに、コンピュータが判断してハンドルを操作したり、ブレーキをかけたりしています。
ア インターネットを使ったリアルタイムの映像配信の例です。例えば、中古車のオークションがあります。よって、誤り。
ア インターネットを使ったリアルタイムの映像配信の例です。例えば、中古車のオークションがあります。よって、誤り。
イ データセンターの活用例です。よって、誤り。
ウ センサ、インターネット、服薬履歴管理(サーバ)がキーワードです。よって、正しい
エ インターネットを使った映像配信の例です。よって、誤り。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました