【令和3年ITパスポート】実戦用語の理解「インバウンドマーケティング」

ITパスポート

【ITパスポート試験 令和元年度秋期 問15】 

自社の商品やサービスの情報を主体的に収集する見込み客の獲得を目的に,企業がSNSやブ口グ,検索エンジンなどを利用して商品やサービスに関連する情報を発信する。このようにして獲得した見込み客を,最終的に顧客に転換させることを目標とするマーケティング手法として,最も適切なものはどれか。

 ア アウトバウンドマーケティング

 イ インバウンドマーケティング

 ウ ダイレクトマーケティング

 エ テレマーケティング

アウトバウンド(outbound)は、「外向きの」を意味する言葉です。
アウトバウンドマーケティングは、商品やサービスを広めたいと考えている企業側が潜在的な顧客に向け、一方向的に発信するタイプのマーケティング手法です。
例えば、テレビのCM、新聞や雑誌の広告、看板広告、バナー広告などがあります。

インバウンド(inbound)は、「内向きの」を意味する言葉です。
インバウンドマーケティングは見込み顧客に見つけてもらい、自社やその商品・サービスに興味を持ってもらえるように仕掛ける手法です。
キーワードは、SNSやブ口グ,検索エンジンです。

ダイレクトマーケティングは、売り手と顧客が1対1でやり取りできる双方向のマーケティング手法です。
売り手が顧客の好みに合わせておすすめ商品を表示し、顧客はそれを「購入する・しない」という判断か「興味が無い」などのボタンをクリックすることで、双方向のコミュニケーションを取ることができます。
例えば、メルマガ、ソーシャルメディアマーケティング(Twitter、Facebook)、ダイレクトメール(DM)

テレマーケティングは、電話と顧客データベースを利用して,商品・サービスの購入をすすめたり,買い手の注文を電話で受付けることをいう。

問題文には、SNSやブ口グ,検索エンジンなどを利用してとあります。そのため、イ インバウンドマーケティングを説明しています。

ア アウトバウンドマーケティングなら、テレビのCM、新聞や雑誌の広告、看板広告、バナー広告が例があるはず。
ウ ダイレクトマーケティングなら、メルマガ、Twitter、Facebookなどが例があるはず。
エ テレマーケティングなら、電話の例があるはず。

コメント

タイトルとURLをコピーしました