ITパスポート/シラバス5にないけど試験に出た用語の問題3

シラバスにない用語の問題3 ITパスポート

試験の時に見たことがない用語が出ると、

覚えていたことも、それでいいのか不安になりますよね。

そこで今回は、シラバス5にない用語と頻出用語が、選択肢にある問題です。

解説と一緒に読むことで 、用語の名称を覚えられます。

第1問(ストラテジ系)

ある製造業では,後工程から前工程への生産指示や,前工程から後工程への部品を引き渡す際の納品書として,部品の品番などを記録した電子式タグを用いる生産方式を採用している。サプライチェーンや内製におけるジャストインタイム生産方式の一つであるこのような生産方式として,最も適切なものはどれか。

ア かんばん方式
イ クラフト生産方式
ウ セル生産方式
エ 見込み生産方式
 

解説(令和3年春 問35)

クラフト生産方式セル生産方式が、シラバスにありません。

ア  かんばん方式
”後工程から前工程への生産指示”,”前工程から後工程への部品を引き渡す際の納品書として,部品の品番などを記録した電子式タグを用いる”がキーワードです。

イ クラフト生産方式
熟練した職人が、一人で数多くの工程を担当し、製品を生産する方式

クラフト:工芸品

ウ セル生産方式
一人又は少人数で最初の工程から最後の工程までを担当する多品種少量生産向きの生産方式
(ITパスポート 平成23年秋 問19)

エ 見込み生産方式
製品の受注予測に基づいて立案した生産計画に従って,製品を生産する。
(ITパスポート 平成28年秋 問10)

デジ猫
デジ猫

”後工程から前工程への生産指示”が看板みたいだったから、かんばん方式の名前になったらしいよ。

第2問(マネジメント系)

クラスや継承という概念を利用して,ソフトウェアを部品化したり再利用することで,ソフトウエア開発の生産性向上を図る手法として,適切なものはどれか。

ア オブジェクト指向
イ 構造化
ウ プロセス中心アプローチ
エ プロトタイピング
 

解説(令和3年春 問41)

プロセス中心アプローチが、シラバスにありません。

ア:オブジェクト指向
”クラスや継承という概念を利用して”が、キーワードです。

イ:構造化
三つの基本構造”順次・選択・繰返し”で記述するのが特徴です。

ウ: プロセス中心アプローチ
プロセスに着目し、システムをサブシステムへ、そのサブシステムを機能の最小単位である独立性が高いモジュールへと分割を行い詳細化する。

エ:プロトタイピング
システム開発の早い段階で,目に見える形で要求を利用者が確認できるように試作品を作成する。
(ITパスポート 平成28年秋 問46)

第3問(テクノロジ系)

IoTデバイスとIoTサーバで構成され, IoTデバイスが計測した外気温をIoTサーバへ送り,IoTサーバからの指示で窓を開閉するシステムがある。このシステムのIoTデバイスに搭載されて,窓を開閉する役割をもつものはどれか。

ア アクチュエータ
イ エッジコンビューティング
ウ キャリアアグリゲーション
エ センサ
 

解説(令和3年春 問72)

”キャリアアグリゲーション”がシラバスにはありません。

ア:アクチュエータ
エネルギー発生源からのパワーを,制御信号に基づき,回転,並進などの動きに変換する。
(基本情報 平成30年春午前 問21より)

イ:エッジコンビューティング
メモリーチップを内蔵し、そのメモリにデータを読み書きする記憶装置
読み書きの速度が非常に速い。

ウ:キャリアアグリゲーション
複数の異なる周波数帯の電波を束ねることによって,無線通信の高速化や安定化を図る手法
(ITパスポート 平成30年春 問99より)
キャリア(carrier):情報を伝えるための電波
キャリア(career):経験・経歴

エ:センサ
モノの状態(温度、受けている圧力、におい、湿度、水分量など)を知ることができる。

デジ猫
デジ猫

”キャリア”書くと同じだけど、意味が違うんだね。

以上、ITパスポート/シラバス5にないけど試験に出た用語の問題でした。

問題を解きながら、知識を増やしていきましょう。

デジ猫
デジ猫

次もあるよ。また、来てね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました