【新ITパスポート】シラバス5.0 新しい用語と注意ポイント(法務)

法務 ITパスポート

シラバス5.0での「法務」分野の変更点と注意すべきポイントを紹介します。
また、シラバスから新しい用語を抜き出しました。
どんな用語が追加になったか確かめて、早めの対策が必要です。

デジ猫
デジ猫

下の記事を先に、読んでもらえたかな?

「法務」分野の概要

シラバス5.0追加用語数(ストラテジ系)

「法務」分野は、新しい用語がストラテジ系の中で3番目に多く、全部で26語あります。
(内訳)
 知的財産権    3語
 セキュリティ関連法規 8語
 労働関連・取引関連法規 2語
 その他の法律・ガイドライン・技術者倫理 12語
 標準化関連 1語

デジ猫
デジ猫

セキュリティ関連やガイドラインが多いね!

「知的財産権」の新しい用語

ソフトウェアライセンスについて、以下の用語が増えました。
ライセンス条件を理解し、目的に合った契約を選べるようになることが求められています。

1ボリュームライセンス契約                     
2サイトライセンス契約
3CAL(Client Access License)

デジ猫
デジ猫

それぞれの契約内容の違いが、大切なんだね。

また、著作権法の改正で、以下のことが可能になった点に注意が必要でしょう。

教育機関における,遠隔教育などの教育目的において,著作物の特例的な利用が可能であること

IT パスポート試験 シラバス Ver.5.0

「セキュリティ関連法規」の新しい用語

サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワークは、「Society5.0」と関連が深いです。
注目しておきましょう。

1オプトイン                            
2オプトアウト
3第三者提供
4一般データ保護規則(GDPR:General Data Protection Regulation)
5消去権
6仮名化
7匿名化
8サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク
デジ猫
デジ猫

略号多くてわけわかんない。

「労働関連・取引関連法規」の新しい用語

各法規の目的を押さえましょう。

1独占禁止法                            
2特定デジタルプラットフォームの透明性及び公正性の向上に関する法律

「その他の法律・ガイドライン・技術者倫理」の新しい用語

1プロバイダ責任制限法(発信者情報開示請求)
2プロバイダ責任制限法(送信防止措置依頼)
3ソーシャルメディアポリシ(ソーシャルメディアガイドライン)
4ネチケット(ネットマナー)
5データのねつ造・改ざん・盗用
6チェーンメール
7フェイクニュース
8ヘイトスピーチ
9有害サイトアクセス制限(フィルタリングほか)
10有害サイトアクセス制限(ペアレンタルコントロール)
11ファクトチェック
12倫理的・法的・社会的な課題(ELSI:Ethical, Legal and Social Issues)
デジ猫
デジ猫

課題はもう十分。増やさないで!

「標準化関連」の新しい用語

1フォーラム標準                           

注意すべきポイント

内容が類似した用語があるときは、それぞれの用語の違いを押さえる。

例えば、オプトインとオプトアウト、仮名化と匿名化、フィルタリングとペアレンタルコントロールなど違いを確認しておきましょう。

他の試験区分の情報処理試験にある類似分野の問題で演習する。

「用語を覚えたけど、試験で点数を取れなかった。」という感想をよく耳にします。
このようにならないためには、用語を覚えたら問題を解くことが重要です。
過去問題がない新しい用語については、他の試験区分の情報処理試験の問題でも、積極的に解きましょう。
ITパスポート試験に出た場合、同じような文言になることが予想されます。
以下に、「法務」分野の問題を探してきました。

ボリュームライセンス契約に関する問題 (情報セキュ 平成30年秋 午前問35 )

ボリュームライセンス契約の説明はどれか。

ア 企業などソフトウェアの大量購入者向けに,インストールできる台数をあらかじめ取り決め,マスタが提供される契約

イ 使用場所を限定した契約であり,特定の施設の中であれば台数や人数に制限なく使用が許される契約

ウ ソフトウエアをインターネットからダウンロードしたとき画面に表示される契約内容に同意するを選択することによって,使用が許される契約

エ 標準の使用許諾条件を定め,その範囲で一定量のパッケージの包装を解いたときに,権利者と購入者との聞に使用許諾契約が自動的に成立したとみなす契約

正解 ア

サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワークに関する問題
(情報処理安全確保支援士 令和2年10月 午前Ⅱ 問7)

経済産業省が“サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク(Version LO)”を策定した主な目的の一つはどれか。

ア ICTを活用し,場所や時間を有効に活用できる柔軟な働き方(テレワーク)の形態を示し,テレワークの形態に応じた情報セキュリティ対策の考え方を示すこと

イ 新たな産業社会において付加価値を創造する活動が直面するリスクを適切に捉えるためのモデルを構築し,求められるセキュリティ対策の全体像を整理すること

ウ クラウドサービスの利用者と提供者が,セキュリティ管理策の実施について容易に連携できるように,実施の手引を利用者向けと提供者向けの対で記述すること

エ データセンタの利用者と事業者に対して“データセンタの適切なセキュリティ”とは何かを考え,共有すべき知見を提供すること

正解 イ

独占禁止法に関する問題(基本 平成27年秋 午前問80)

独占禁止法の目的として,適切なものはどれか。

ア 公正かつ自由な競争を促進する。

イ 国際的な平和及び安全の維持を阻害する取引を防止する。

ウ 製造物の欠陥によって損害が生じたときの製造業者の責任を定める。

エ 特許権者に発明を実施する権利を与え,発明を保護する。

正解 ア

プロバイダ責任制限法(発信者情報開示請求)に関する問題(ITパス 平成30年春 問9)

A氏は,インターネット掲示板に投稿された情報が自身のプライパシを侵害したと判断したので,プ口パイダ責任制限法に基づき,その掲示板を運営するX杜に対して,投稿者である8氏の発信者情報の開示を請求した。このとき, X社がプロパイダ責任制限法に基づいて行う対応として,適切なものはどれか。ここで, X社はA氏, B氏双方と連絡が取れるものとする。

ア A氏, B氏を交えた話合いの場を設けた上で開示しなければならない。
イ A氏との間で秘密保持契約を締結して開示しなければならない。
ウ 開示するかどうか, B氏に意見を聴かなければならない。
エ 無条件で直ちにA氏に開示しなければならない。

正解 ウ

まとめ

シラバス5.0での「法務」分野の新しい用語と注意すべきポイントを紹介しました。
主な内容は、以下の通りです。

新しい用語

知的財産権 3語
セキュリティ関連法規 8語
労働関連・取引関連法規 2語
その他の法律・ガイドライン・技術者倫理 12語
標準化関連 1語
     合計  26語

注意すべきポイント

内容が類似した用語があるときは、それぞれの用語の違いを押さえる。

・他の試験区分の情報処理試験にある類似分野の問題で演習する。

デジ猫
デジ猫

法務の問題は、下の記事にあるよ。試してみてね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました