学習の弱い分野を発見する方法

ITパスポート誤りを少なくする対策の見つけ方不安なとき

過去問題が正解できないことは、決して、悪いことではありません。

正解できなかった問題には、”正解できない理由”が隠されています。

この”正解できない理由”明らかにし,弱点を補強することで,効果的に合格に近づくことができます。

早く,弱点を明らかにして対処しましょう。

正解できない理由

よくある”正解できない理由”を確認してみましょう。

あなたも,心当たりありませんか?

症状①:同じ用語の問題なのに,問題が違うと正解の時もあれば、誤るときもある。

”似た用語の違いを、あやふやに覚えている。”場合に起きます。

自分では、覚えたつもりになっているので,なかなか理由に気がつけません。

同じ用語の問題について,正誤を比較して,初めて気が付くことができます。

症状②:同じ用語の問題をよく誤る。

”勘違いして覚えている。”ことも、よくあります。

問題の答え合わせの時に,”〇”,”×”や正答率だけを気にしていると,気が付くことができません。

これも,同じ用語について,問題の正誤を比較して,初めて気が付くことができます。

このような誤る理由に対処しないと、それが致命的な弱点になります。

でも,次のチャックシートを使うと,はやく弱点を見つけることができます。

チェックシートで弱点を見つける方法

各問題についての中分類を明らかにして,チェックシートを作りました。

このチェックシートを使って,苦手な分野を見つけます。

ダウンロード後,印刷してお使いください。

チェックシートの使い方

①複数回の公開問題を解きます。
②正解できなかった問題番号をチェックします。
③チェックの数を集計して,弱点を見つけます。

ITパスポート弱点チェックシートの使い方

①複数回の公開問題を解きます。

チェックシートには平成30年秋から令和3年までの公開問題5回分の欄があります。

解く年度は,どこでも構いません。

5回未満でもいいです。

②正解できなかった問題番号をチェックします。

正解できなかった問題のチェック欄にチェックを記入します。

たとえ正解であっても,カンで答えた問題,自信の無い問題の番号にもチェックします。

③チェックの数を集計して,弱点を見つけます。

中分類ごとにチェックの数を数えます。

チェックの多い中分類が苦手な分野です。

弱点を見つけたら,弱点の中分類の弱点補強の記事を見て,弱点補強のポイントを確認します。

弱点補強の方法を別記事にまとめました。

以上,弱点の見つけ方(中分類)についてでした。

弱点を補強することで,はやく合格に近づきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました