ITパスポート/効果的な点数アップ方法(経営戦略マネジメント)

ITパスポート

過去問題を誤ることは、決して、悪いことではありません。

誤った問題には、誤った理由 注) が隠されています。

注)”似た用語を区別をつけないで、あやふやに覚えている。”、”勘違いして覚えている。”など

たとえ、過去問題で正答率が70%でも、
誤った理由を理解して対策するほうが、確実に合格できます。

自分がどの項目の問題をよく誤るかチェックして、あやふやに覚えている部分、勘違いして覚えている部分をつぶしましょう。

チェック!

過去問題を解いた後、次のチェックポイントの問題を確認

チェックポイント

令和3年春公開問題 
問8 問16 問18 問23 問34

令和2年秋公開問題
問6 問7 問15 問17 問18 問21 

令和元年秋公開問題
問5 問7 問10 問11 問15 問32

平成31年春公開問題
問3 問5 問7 問10 問22 問26

平成30年秋公開問題
問2 問11 問18 問20 問26 問29 問34

点数アップ方法

何問、誤りがありましたか?

誤った過去問題は、勉強すべき場所を教えてくれます。

さて、チェックポイントの問題は、すべて「経営戦略マネジメント」の問題でした。

経営戦略マネジメントは、いつも6問程度(テクノロジ系全部で45問中)出題されて、この傾向はシラバス5になっても変わっていません。

また、シラバス5の新しい用語の対策重要度も54と、高い値です。

上のチェックポイントの問題に誤りが多い場合には、「経営戦略マネジメント」の基本的な知識を、再確認することで点数アップが期待できます。

対策ポイント

テキストの「経営戦略マネジメント」を振り返る。

誤った問題の用語や内容が書かれている部分に、印をつける。
  (試験の2,3日前に再確認できるように)

対策ポイント

ストラテジ系用語集 

シラバス4.0では、追加された用語は少ないです。

特の、これまでの用語との違い(例えば、方法など)に着目して、覚えましょう。

こんなところが、目の付けどころです。

カニバリゼーション:どんな状況?

プル戦略:具体的にどうするの?

Web マーケティング:他のマーケティングとどこが違うの?

対策ポイント

シラバスの5.0の新しい用語

新しい用語は、経営戦略手法4語、マーケティング5語だけです。

こんなところが、目の付けどころです。

経営戦略手法

同質化戦略路ブルーオーシャン戦略の違い?

ESG投資 これまでの投資のし方とどこが違う?

マーケティング

クロスメディアマーケティング/インバウンドマーケティング
  Webマーケティングとどこが違う?

スキミングプライシング/べネトレーションプライシング/ダイナミックプライシング
  それぞれの値段の付け方のねらいの違い

まとめ

今回は、経営戦略マネジメントの知識の補強による点数アップの方法を紹介しました。

ITパスポート試験は他の資格試験と異なります。

過去問題を力任せに解く学習方法は、効率が悪いです。

ねらいをつけて学習することをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました