ITパスポート/効果的な点数アップ方法(企業活動)

特集

ある程度、過去問題で演習をしていると、正誤のパターンが出てきます。

たいていは、”単純に過去5回の問題の平均の正答率70%以上だからいい、あるいは足りない”とTOTALで考えて、正誤のパターンを気にしていません。

でも、誤った問題には、誤った理由 注) が隠されています。

注)”似た用語を区別をつけないで、あやふやに覚えている。”、”勘違いして覚えている。”など

誤った理由を理解して対策するほうが、効率よく実力アップできます。

過去問題を解いたままにしないで、どの番号の問題を誤っているのか確認して、効率よくレベルアップしませんか?

パターン6

次のチェックポイントの問題に誤りが多い場合

チェックポイント

令和3年春公開問題 
問19,問21,問26,問28,問29

令和2年秋公開問題
問9,問26,問30,問33,問34

令和元年秋公開問題
問2,問12,問26,問34

平成31年春公開問題
問1,問12,問13,問18,問21,問25,問27,問34

平成30年秋公開問題
問6,問8,問16,問19,問21,問24,問27

点数アップ方法

チェックポイントの問題は、「企業活動」の問題です。

企業活動の問題は、いつも5問程度(ストラテジ系全部で35問中)出題されて、この傾向はシラバス5になっても変わっていません。

また、シラバス5の新しい用語の対策重要度も280と、高い値です。

上のチェックポイントの問題に誤りが多い場合には、「企業活動」の基本的な知識を、再確認することで点数アップが期待できます。

対策ポイント

テキストの「企業活動」を振り返る。

・誤った問題の用語や内容が書かれている部分に、印をつける。
(試験の2,3日前に再確認できるように)

・類似した用語(例えば、HRTechとHRMなど)の違いを確認する。

まとめ

今回は、企業活動の知識の補強による点数アップの方法を紹介しました。

ITパスポート試験は他の資格試験と異なります。

過去問題を力任せに解く学習方法は、効率が悪いです。

ねらいをつけて学習することをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました