【新ITパスポート】シラバス5.0 新しい用語と注意ポイント(企業活動)

ITパスポート
スポンサーリンク

シラバス5.0での企業活動分野の変更点と注意すべきポイントを紹介します。
また、シラバスから新しい用語を抜き出しました。
どんな用語が追加になったか確かめて、早めの対策が必要です。
なお、先にこちらの記事をご覧いただくことをお勧めします。

新しい用語

シラバス5.0追加用語数(ストラテジ系)

企業活動分野 全体で56語 新しい用語が追加になりました。
(内訳)
 経営・組織論      15語
 業務分析・データ利活用 41語
 会計・財務        0語

デジ猫
デジ猫

難しい用語が56語だよ!56語。
どうしよう・・・

経営・組織論

1社会的責任投資
(SRI:  Socially Responsible Investment)
2SDGs
3OODAル ープ
4リテンション
5リーダシップ
6モチベーション
7ワークエンゲージメント
8コンピュータの処理能力の向上
9データの多様性及びデータ量の増加
10AI の進化
11第 4 次産業革命
12Society5.0
13データ駆動型社会
14デジタルトランスフォーメーション
(DX)
15国家戦略特区法(スーパーシティ法)
デジ猫
デジ猫

最近のニュースに出てくる用語が多いね。

2.業務分析・データ利活用

1相関と因果                
2擬似相関
3棒グラフ
4折れ線グラフ
5箱ひげ図
6ヒートマップ
7クロス集計表
8分割表
9相関係数行列
10散布図行列
11複合グラフ
122 軸グラフ
13CSV(Comma Separated Value)
14チャートジャンク
15調査データ
16実験データ
17人の行動ログデータ
18機械の稼働ログデータ
19量的データ
20質的データ
211 次データ
222 次データ
23メタデータ
24構造化データ
25非構造化データ
26時系列データ
27母集団
28標本抽出
29国勢調査
30アンケート調査
31全数調査
32単純無作為抽出
33層別抽出
34多段抽出
35A/B テスト
36データサイエンスのサイクル
37データ同化
38予測
39グルーピング
40パターン発見
41最適化
デジ猫
デジ猫

やばい!数学じゃん。

3.会計・財務

追加された新しい用語はありません。

注意ポイント

この分野から新しい用語が出やすい。

直前2回(令和元年秋、令和2年秋)公開問題では、企業活動分野から平均5問出題されています。
新しい用語が56問あることから、この分野から新しい用語が多く出ることが予想されます。

デジ猫
デジ猫

毎回、ここから5問程度出ているのかあ。
難しそうだから、早めに始めるしかないや。

企業活動及び社会生活におけるIT 利活用の動向に注目する。

出題の考え方が、以下のように変更になっています。

社会における IT 利活用の動向を問う。

                                                  
           試 験 要 綱 P18より

わざわざIT技術の動向を調べるのは大変です。
日々の生活の中で流れているニュースには、IT技術動向の情報がたくさんあります。
日々のニュースに意識を向けることで、試験の問題を読み解くときにかなり役立ちます。

デジ猫
デジ猫

急がば回れだね。

業務分析・データ利活用では、各グラフ・表の特徴、目的に着目する。

「業務分析・データ利活用」は、数学で学ぶ内容と一部重なっています。
数学が苦手な生徒は、この分野を飛ばしたり、問題(例えばグラフの形)と答えを丸暗記していました。
しかし、新しい用語が増えたことで、この分野の手を抜くことはできません。

では、どうしたらいいでしょう。
ここで、出題の考え方に「業務改善や問題解決の手法を問う。」とあります。

データ(ビッグデータを含む)を分析して利活用することによる,業務改善や問題解決の手法を問う。

                                               
           試 験 要 綱 P18より

大変ですが、グラフや表については、それぞれの名称、特徴、どんな目的で使うか覚える必要があります。

デジ猫
デジ猫

グラフ、表の名称、特徴、目的だね!

まとめ

シラバス5.0での企業活動分野の変更点と注意すべきポイントを紹介しました。
主な内容は、以下の通りです。

新しい用語

企業活動分野  全体で56語 
(内訳)
経営・組織論     15語
業務分析・データ利活用 41語
会計・財務       0語

注意ポイント

・この分野から新しい用語が出やすい。早めに取り掛かる。
・企業活動及び社会生活におけるIT 利活用の動向に注目する。
・業務分析・データ利活用では、各グラフ・表の特徴、目的に着目する。

デジ猫
デジ猫

次回は、「ビジネスインダストリ」分野だよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました